生理前に月経関連偏頭痛が起こるメカニズムと治療法

PMS、生理のお悩み

生理前の頭痛、偏頭痛は、PMSの症状である可能性があります。『PMS(プレ・メンストラル・シンドローム)』とは、『月経前症候群』とも呼ばれ、生理の10日前くらいから起きるイライラ、腹痛や腰痛などの、不快感全般を指します。生理が始まると、症状はだんだんと落ち着いていきます。

このPMSの身体的な症状のひとつに、偏頭痛があり、女性の多くがこの偏頭痛を経験していると言われています。では、なぜこのような偏頭痛が起きるのでしょうか。仕組みと改善方法についてみていきましょう。

生理前の偏頭痛の特徴

生理が始まる2日前から、生理3日目までに起こる偏頭痛を、『月経関連偏頭痛』と言います。ほかの時期の偏頭痛と比べて、次のような特徴があります。

  • ズキズキ・ガンガンと脈打つように痛む。
  • 持続時間が長い。
  • 再発しやすい。
  • 市販の鎮痛薬が効きにくい。
  • 動いて血行がよくなるとより痛む。
  • 目がチカチカする症状や吐き気を伴うことがある。

このような症状があり、市販の鎮痛剤を常用している場合、薬剤の使用過多をひき起こしてしまう可能性があります。早めに婦人科を受診しましょう。

 

月経関連偏頭痛が起きる仕組み

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、生理周期に関係して、血中濃度が大きく変動します。このエストロゲンの血中濃度は、排卵前にピークとなり、排卵後に急激に低下します。再び上昇し、生理前になるとまた急激に低下します。

このエストロゲンの急激な低下に連動して、脳内物質であるセロトニンの分泌が大幅に減少するため、脳内血管の拡張が起きます。脳内血管が拡張すると、血管の周囲の神経を圧迫し、偏頭痛が起きると言われているのです。

生理前の偏頭痛を予防・改善するには

PMSによる偏頭痛の治療は、基本的には、薬物療法が中心となります。しかし、日常生活の中で偏頭痛をひき起こす原因を作らないために、やはりセルフケアも必要になってきます。

女性の精神状態や体調は、ホルモンバランスによって常に影響を受けています。ホルモンバランスを整えて、PMSを改善するためには、何よりも規則正しい生活習慣が大切です。

毎日できる限りでいいので、同じ時間に食べて、同じ時間に眠りましょう。それだけでも十分に、偏頭痛の改善が見込めます。

また、偏頭痛の緩和が期待できる栄養素として、マグネシウムとビタミンB2があります。このふたつの栄養素を多く含む食品を、積極的に摂取しましょう。

マグネシウムを多く含む食品
ごま、ナッツ類、海藻、のり、大豆製品など。

ビタミンB2を多く含む食品
レバー、のり、卵など。

偏頭痛をひき起こす原因には、生理のほかに、肩こりや過度なストレスなどが挙げられます。実際、ストレスはPMSの大敵と言われています。適度にストレスを発散し、リラックスする時間を作るように心がけましょう。

生理前に頭痛の予兆を感じたら

生理前の頭痛は急にやってくることもあれば、血流が悪くなった影響で肩が凝ったり、腰が痛いということも予兆として現れます。

頭痛は一度強く痛くなるとなかなか鎮痛作用が効きません。そろそろ生理が来るかもしれないという時に頭痛が小さく始まったなら、すぐにロキソニンなどの鎮痛剤を飲むといいでしょう。

もちろん、酷くならないこともあるのですが、早く飲めば敵も弱いので早く退治できますよ。持病の薬をたくさん飲んでいるなどでない場合は、月に数回飲む程度であれば気にすることはないでしょう。

鎮痛剤は体に負担をかけますし、成分によっては耐性ができて効果が出ずらくなることもあります。ホルモンバランスを整えてPMSが起こらないように予防対策をしていきましょう。

ホルモンバランスを整えるためには、日々の生活習慣を見直すことが大切です。バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。また、ストレスを溜めないようにリラックスする時間を作ることも重要です。

カフェインやアルコールの摂取を控えることも、ホルモンバランスを安定させるのに役立ちます。生理前の不調を改善するためには、日常生活の中で少しずつ工夫をすることが大切です。また、症状がひどい場合は、医師に相談することをお勧めします。

 

タイトルとURLをコピーしました